対策が強化されるメリット

依存症にならないように

カジノができれば、依存症対策がこれまでより具体的になります。
どうすれば依存症にならないのかという、指導もされるでしょう。
依存症が怖くて、カジノに良いイメージを持っていない人がいます。
ですが日本にカジノができることは同時に、依存症にならない対策が強化されることに繋がります。
国が対策を考えてくれているので、安心してカジノで遊べるでしょう。

仮にカジノに夢中になりすぎて依存症になってしまった場合でも、更生施設などの支援があります。
依存症になった本人だけでなく、その家族も支援してくれるので大丈夫です。
家族の誰かが依存症になったことが原因で全員の生活が困難になる場合もありますが、国からの支援を受ければ生活できます。

国民の税金が軽くなる

税金を減らすために、カジノを作るのが良いという意見が見られます。
カジノで遊ぶ際は、税金が発生します。
そこで税金をたくさん徴収できれば、これまでのように国民からたくさん徴収しなくても良くなります。
ですからみんなが支払う機会の多い、消費税などが減税されるかもしれません。
カジノができないと、相変わらず消費税で徴収する金額が増え続けます。

これ以上消費税が増えると、気軽に買い物できなくなってしまう人が多いでしょう。
カジノができると国民の税の負担が減るというメリットがあるので、一概にカジノは悪いものだと言えません。
確かに依存症になるリスクもありますが、それを覆せるほどのメリットも豊富にあると理解してください。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ