国民の税が軽減される

新しい税金が誕生する

タバコやアルコールを購入する際は、税金を納めなければいけません。
カジノも同じように、遊ぶ時は税金を支払う決まりになります。
日本にカジノがなかった時に比べて、国が徴収できる税金が増えます。
すると、これまでのように消費税などから税金をたくさん徴収しなくても、経済を回すことが可能です。
結果的に、暮らしやすい日本社会が完成するでしょう。

そのため、日本にカジノがあった方が良いという意見が強まっています。
物価も下がるので、買い物しやすくなるでしょう。
税金が増えると、欲しいものがあってもガマンしなければいけません。
いつもガマンばかりしていたら、ストレスが溜まります。
税の徴収を抑えられる世の中になってほしいですね。

カジノがないままの日本

今後も法案が通らず、カジノがないままでは国民の税金が増え続ける一方です。
しかし不況に陥っているので働いた時に得られる収入が増えるわけではありません。
今よりもっと苦しい生活になることが考えられます。
お金がないと、何もできません。
ですが国の経済が潤わないと、収入を増やすこともできないのでずっとこのままです。

そんな状態を脱却するために、カジノが必要です。
すでに日本は経済が危ない状況だと言われているので、早くカジノに関する法律を決めなければいけません。
簡単に決められるものではないので、実際にカジノを作っている他の国を参考にしながら、慎重に話し合いを進めている段階です。
カジノのメリットをたくさんの人が知れば、法案が通りやすくなるでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ